gmo とくとくbb wimax 口コミ

GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミは?

キャッシュバックキャンペーン


GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックの金額が高い事で知られているWiMAXのプロバイダです。
実際、業界最高額のキャッシュバックが貰えるので、とても人気のプロバイダです。



その一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミを調べてみると、キャッシュバックを貰い損ねてしまう方もいます。
と言うのも、キャッシュバックは貰う為に銀行口座の登録手続きが必要なのですが、それを知らず、ずっとキャッシュバックが郵送されて来るのを待つだけの方が多いのです。



キャッシュバックの振り込み先となる銀行口座の登録手続きには、1ヵ月の有効期限があります。
ですから、有効期限切れになると、キャッシュバックは貰えなくなってしまいます。(参照:
と言う事で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミの中には、キャッシュバックを貰い損ねてしまった方の書込みが目に留まるのです。



キャッシュバックが貰えず仕舞い



ですが、実際、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは貰えます。
断言しましょう。
手続きさえきちんとしていれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の業界最高額のキャッシュバックは貰えます。



と言うのも、私がそうだからです。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が主流の頃にGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約を行いました。
きちんとキャッシュバックの手順を確認していましたので、きちんとキャッシュバックを受け取る事が出来ました。



Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15



気になるキャッシュバックの受取り手順に関しては、キャンペーンサイトにきちんと明記されています。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際は、キャンペーンサイト内の注意事項にはきちんと目を通しましょう。



>>GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は?

冒頭で触れましたが、GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行うと、業界最高額のキャッシュバックが貰えます。
実際、キャッシュバックをきちんと貰えた方の口コミでは好評で、結果的に業界最安値でWiMAXサービスを利用する事が出来ます。



業界最安値でWiMAXサービスを利用出来る



ちなみに、貰えるキャッシュバックの金額は選択するWiMAX端末の種類によって可変します。
それに合わせて、WiMAX端末が無料で貰えます。
普通は別売りとなっているWiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えるのはGMOとくとくBB WiMAX 2+だけなので、その部分も口コミサイトでは非常に評判良いです。



    クレードルがある事によるメリット
  • WiMAX端末を充電しながら使用出来る。
  • WiMAX端末を常にフル充電の状態で維持出来る。
  • WiMAX端末を置き時計代わりに。
  • WiMAX端末内蔵のアンテナの位置が高くなり、受信状態が良くなる。
  • ルータモードで、Wi-Fiに非対応のパソコンやテレビをインターネットへ接続出来る。
  • APモードでWiMAX端末をWi-Fiルーター代わりに利用出来る。


クレードル



実際、このキャンペーン特典を利用しなかった場合、WiMAX端末代は20,000円もしますし、クレードルとセットともなると、22,750円もしてしまいます。
業界最高額のキャッシュバックが貰える上に、これだけの出費が節約出来る。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+は口コミサイトでも人気のプロバイダなのです。



口コミサイトで人気のGMOとくとくBB WiMAX 2+



そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+で現在ラインナップされているWiMAX端末とキャッシュバック額ですが、以下の通りになります。



GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額
WiMAX端末の機種 キャッシュバック額 クレードルとセット時
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)
30,000円 28,000円
Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)
31,000円 28,000円
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
30,000円 28,000円
URoad-Home2+
URoad-Home-2+
24,500円


それぞれのWiMAX端末の特徴とキャッシュバック額を考慮しつつ、どれを選ぶかを検討したいものです。
ちなみに、私のお勧めはSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)です。
スペック的に一番ですし、人口カバー率99%のau 4G LTEに対応しているのが頼もしいです。



Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)



どのWiMAX端末が良いか良く分からないと言う方は、ぜひ、参考になさってみて下さい。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でキャッシュバックを貰う流れは?

GMOとくとくBB WiMAX 2+で契約を行うと、GMOとくとくBBへも入会となります。
その際、GMOとくとくBBの基本メールを作成します。
この基本メールが、キャッシュバックを受け取る為に必要となります。



GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXの契約を行うと、11ヶ月後、基本メール宛にGMOとくとくBBからのお知らせと言うタイトルのご指定口座確認通知メールが送信されて来ます。
メールに従ってキャッシュバックの振り込み先を登録すると、翌月の最終営業日にキャッシュバックが振り込まれます。



高額キャッシュバック



ご指定口座確認通知メールの有効期限は、翌月の末日までです。
それまでに登録手続きを怠ったり、登録した情報に不備がある場合、キャッシュバックを貰い損ねてしまいます。



高額キャッシュバックですから、貰い損ねる事の無いように、しっかりと手続きを行いましょう。



詳しくは、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトをご覧下さい。



↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+の解約保証制度が口コミサイトで評判

GMOとくとくBB WiMAX 2+では、オリジナルの解約保証制度を設けています。
ですから、他のプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうよりも安心感が大きいです。



オリジナルの解約保証制度



WiMAXサービスの契約を行なうと、2年間は契約を続けなければなりません。
途中で解約手続きを行なうと、契約解除料を請求されてしまいます。



2年間
24,800円
3年目以降
9,500円


2年周期に契約更新月がやって来て、この期間内での解約手続きに関しては、契約解除料が発生しません。



WiMAXサービスの解約手続き



ここで問題となって来るのが、WiMAXサービスを導入したものの、いざ自宅で使用した際に思ったほどの通信環境が得られなかった場合です。
WiMAXサービスは無線ですからそう言う心配がある訳ですが、一度WiMAXサービスの契約を行ってしまうと、契約更新月になるまでは解約手続きが出来ないのです。



ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、20日以内のキャンセル保証制度が付いています。
契約から20日以内であれば契約解除料を支払わずに解約手続きが出来ますから、WiMAXサービス導入の際の不安を減らす事が出来ます。



安心の20日間のキャンセル保証制度



GMOとくとくBB WiMAX 2+のこの制度を利用するには、自宅のピンポイントエリア判定の結果が○である必要があります。
ですので、事前にピンポイントエリア判定の結果は確認しておきましょう。



圧倒的にお得なキャンペーン特典と、安心の保証制度のあるGMOとくとくBB WiMAX 2+。
ぜひとも有効活用したいプロバイダと言えます。

ユーザーへのサポート体制も安心!

GMOとくとくBB WiMAX 2+が口コミサイトで評判な点は、サポート体制面もあります。
古い口コミだと酷評もありますが、途中からGMOとくとくBB WiMAX 2+はサポート面に力を入れるようになりました。
その結果、現在は電話対応の受付時間が業界で2番目に長くなっています。



電話対応時間が長いGMOとくとくBB WiMAX 2+



WiMAXサービスの電話受付け対応時間
契約先 営業日 営業時間
GMOとくとくBB WiMAX2 + 年中無休 10時から19時まで
UQ WiMAX 年中無休 9時から21時まで
So-net モバイル WiMAX 2+ 年始及びメンテナンス日以外 9時から18時まで
3WiMAX 年末年始を除く月曜日から土曜日まで 11時から18時まで
Broad WiMAX 年末年始を除く月曜日から土曜日まで 11時から18時まで
@nifty WiMAX 年中無休 10時から19時まで
Racoupon WiMAX 月曜日から金曜日まで 10時から18時まで
DTI WiMAX 2+ 年中無休 10時から19時まで
PEPABO WiMAX 土日祝日を除く2営業日以内(※メール対応のみ)
BIGLOBE WiMAX 2+ 年中無休 10時から19時まで


ですので、万が一WiMAXの調子が悪い場合でも、いつでもお問い合せをする事が出来ます。
逆に、平日のみしか対応していない場合、WiMAXの調子の悪い状態で過ごさなければならない場合もあります。
そう考えると、安心感の大きなGMOとくとくBB WiMAX 2+の方が魅力あると思いませんか?



GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイト:http://gmobb.jp/

 

サイトマップ